不合理分割

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/06/14(第286号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

昨日は交通事故で亡くなられた方の、相続人の相談を受けまし
た。このような相談はちょっと辛いとことがありますね...。

交通事故の損害賠償金の税金や相続に関する件です。
基本的はこのような加害者からの損害賠償金や、自動車保険の
保険金には、税金はかからないことになっています。

安心していただいて良かったですが、現在まだ交渉中というこ
とで、早く良い方向でまとまることを祈念しています。

本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  不合理分割
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●土地を相続する場合、宅地の評価は利用の単位ごとに行います。

その利用の単位を画地と言いますが、自宅で使っているとか、
アパートの敷地で使っているなど、その画地ごとに評価します。

また、基本的には取得者ごとに評価をします。

●ただし、親子や兄弟間での遺産分割の際には、土地が不合理分
割にならないように、注意しなければいけません。

不合理分割とは、分割後の画地が宅地として通常の用途に供す
ることができないなど、その分割が著しく不合理であると認め
られるような分割です。

●たとえば、四角形の土地を、対角線を結んだ線で分割し、三角
の土地2つにするとか、

道路に面した部分だけ帯状に分割するとか(当然、家は建てら
れないし、後ろの土地は無道路地となる)、

そのような分割後に、まともに使用できないような分割です。

具体的な例は、国税庁のページに載っていますので、よろしけ
ればご覧ください。
→ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hyoka/02/10.htm

●このような分割が行われることにより、不整形地の評価減とか、
無道路地の評価減が適用されて、土地の評価額が不当に下がって
しまうのは、問題があります。

そこで、不合理分割が行われた場合は、その分割後の画地で評価
することは認められず、分割前の画地で評価することになります。

●ただ、どこまでが不合理分割なのか、という不安を持たれる場合
もあるかも知れません。

分割することにより、思わず不整形地の評価減が使えて、評価額
が下がり、税金が安くなるのは嬉しいが、不合理分割に認定され
ないだろうか、という不安です。

●不合理分割は、国税庁の事例にもありますように、下記のような
場合などに限られています。

・無道路地や帯状地などを作りだす場合
・その地域の標準的な宅地面積と比べて、著しく狭小になる場合
・現在だけでなく、将来に渡っても、有効に土地利用することが
著しく困難であると認められる場合

●したがって、かなり意図的に作り出さない限りは、上記のような
ことは起こらないと思います。

また、分割後の土地が不整形地になってしまう場合でも、上記の
標準的な宅地面積を満たしている場合や、

不整形地となるような分割をしたことに、合理的な理由がある場
合には、不合理分割とはなりません。

相続の際には、以上のようなことも考慮して、土地の分割、利用
を考えてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
ビスを提供しています。

●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
●弊社主催のセミナーにご招待
●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
【東京メトロポリタン相続クラブ】
⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

皆様のお申し込みを、お待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

先週は2回目の自社株対策セミナーを行いました。ほとんど内容
は同じなのですが、2回続けて来ていただいた方も何人かいて、
説明がうまくなく、理解できなかったのかな・・・とちょっと
不安にもなりましたが。でも、今回はご理解いただいたようで。

また、9月頃にもやりたいなと考えております。最近様々な事例
が増えているので、相続対策の事例セミナーでもいいかなと考え
ております。

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら