HOME > メルマガ 実践!相続税対策 > 相続税の障害者控除

相続税の障害者控除

━━━━━━━━━━━━━━━━━  2017/11/1(第306号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
資産税チームの利根川裕行です。

先日、雑誌を読んでいたら、総務省消防庁から提供されている
「Q助」という救急受診アプリの記事を見かけました。

該当する症状や症候を選択肢のなかから選ぶことで、救急車を
呼んだ方がいいのか等の、対応方法を判定してくれます。

実際に使った感想は、通常そうするだろう、という対処方法が、
多いのかな?といった感じです。

それ以前に、緊急度がありそうな場合は、直ぐに救急車は呼ぶ
でしょうし...。

ご興味のある方は、総務省消防庁のHPを確認してみてくださ
い。

では、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  相続税の障害者控除
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●最近、心臓の弁膜症(心不全)についてのCMを、テレビでみる
機会が多いですね。

弁膜症を放置しておくと、手術により、心臓の弁を人工弁などへ
切り替えが必要なケースも出てきてしまいます。

ほんの一例ではありますが、その様な場合は、福祉法的に障害を
持つ方と認定されることが多いと思われます。

●そこで、今回は、相続税の障害者控除の内容について、確認して
おきたいと思います。

なお、障害を持つ方の呼称として、「チャレンジド」と言うよう
ですので、そのように表現していきます。

●相続人の中に、チャレンジドに該当する方がいる場合、相続税の
計算はどのようになるでしょうか?

被相続人がチャレンジドであっても、相続税の計算上は、何ら特
典はありません。

相続人が、相続等で財産を取得した際に、チャレンジドに該当し
ていると、その方の相続税から一定の税額を控除できます。

●受けられる税額控除額(障害者控除額)は、

チャレンジドに該当する方が、満85歳になるまでの年数につき、
10万円(特別障害者の場合は20万円)を乗じて計算した金額
です。

●たとえば、相続開始時点で、チャレンジドに該当する方の年齢が
40歳だった場合、

85歳までの年齢は、単純計算で45年となります。
年間10万円相当の控除額が認められていますので、

45年×10万円=450万円

を、相続税額から控除できるということですね。

●なお、チャレンジドに該当する方の相続税額より、この税額控除
額が多くなることも考えられます。

その場合、引き切れない控除額を、その方の扶養義務者の相続税
額から差し引けます。

●チャレンジドに該当する方(子)の相続税額が200万円
被相続人の配偶者(妻)の相続税額が1,000万円だった場合、

上記の例(税額控除額は450万円)でいうと、

・子の相続税額は、 0円(引き切れない控除額は250万円)
・妻の相続税額は、750万円(1,000万円ー250万円)

ということになります。

子の扶養義務者である妻の相続税額から、子の相続税額から引き
切れなかった250万円の控除額を、差引けるということですね。

●最後に、たとえば、一次相続時に障害者控除を受けている場合、
二次相続時にも障害者控除を受けることは可能です。

ただし、二次相続時の税額控除額は、一次相続時に控除した分を
差し引き調整計算していくので、小さくなります。

相続税シミュレーション等を行う上で、必要な情報となりますの
で、忘れずにお伝えいたければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
ビスを提供しています。

●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
●弊社主催のセミナーにご招待
●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
【東京メトロポリタン相続クラブ】
http://www.tm-tax.com/souzoku/

皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
子供がまだ小さい時、熱がでると、確実に、熱性痙攣になるため
その都度、救急車を呼んでいました。痙攣している時間が異常に
長く、夜中に発生することがほとんどでしたので...。

119番すると緊急性を判断してくれるのですが、電話での対応には
安心感を覚えた記憶があります。

Q助は、緊急性がないと思われるときに力を発揮するのかもしれ
ませんね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話でのお問い合わせは			0120-924-666

メールでのご相談はこちら