HOME > メルマガ 不動産 税金相談室 > 建物を売却した場合の消費税

建物を売却した場合の消費税

Q 個人で所有していた1棟のマンションを法人に売却することになりました。
売却価格は1億円ですが、これには消費税がかかるのでしょうか?

私は不動産賃貸業で、年間の収入は、毎年ほとんど変わりません。
今回マンションを売却する前の住居用の賃貸収入が500万円ほどと、テナント
収入が800万円ほどあります。今まで消費税を納めたことはありません。

A 建物を売却した場合に、売却価格が1千万円を超えると、売却したときに
消費税がかかると思われる方がいるのですが、そうではありません。

消費税は、課税事業者であるか否かで、納税義務が発生します。

課税事業者をあえて選択する場合もありますが、そうでない場合は、2年前
の課税売上で判定します。2年前の課税売上が1千万円を超えている場合に
は、課税事業者に該当することになります。

今回の場合は、建物の売却は課税売上になるため課税売上が1千万円を超え
ますが、実際に課税事業者となるのは、その2年後です。
2年後にはじめて、消費税の納税義務者となります。

その前は、住居用の賃貸収入は消費税が非課税ですので、テナントの賃貸収
入だけが課税売上となります。毎年ほぼ変わらないとのことですので、2年
前も課税売上は 800万円程度とすると、ご質問者は、現在は課税事業者には
該当しません。

したがって、本年に売却したマンションには、消費税はかからない、という
ことになります。

ただし、2年後は課税事業者となりますが、本年、法人にマンションを売却
したことにより、収入は法人に移ることになりますので、2年後には個人の
賃貸収入はないのかと思われます。

したがって、2年後は課税事業者ではありますが課税売上はないということ
であれば、当然、消費税も発生しません。

そのため、2年後に課税売上があるかどうかは、注意しておく必要がありま
す。もし他の物件を所有していて、2年後に売却するようなことがあると、
建物部分には消費税がかかってきますので、そのような場合は2年後の売却
は避ける、というようなことも考えなければいけません。

不動産(土地だけの場合は除く)を売った場合は、その2年後に注意、という
ことですね。
≪担当:宮田≫
**********************************************************************
※本文で紹介させていただいた内容は、概略となります。
詳細につきましては、税務署または税理士等の専門家にご確認ください。
**********************************************************************

掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認ください。

電話でのお問い合わせは			0120-924-666

メールでのご相談はこちら