HOME > メルマガ 実践!相続税対策 > 今年の確定申告事例

今年の確定申告事例

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/03/07(第324号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

確定申告もあと1週間。今、当事務所では今週中にできるだけ
終わらせようと、皆、超集中状態で頑張ってますね。

今日は今やっている確定申告の中から、資産税系のものをちょ
っと取り上げてみたいと思います。

では、本日の「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  今年の確定申告事例
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●資産税系のもので多いのは、やはり住宅取得資金の贈与の申告
です。

子や孫が住宅を取得する時の資金援助で、700万円または1,200
万円まで非課税になるものです。

注意点としては、贈与を受けた金額を住宅取得にあてる、という
ことですね。

当たり前のことですが、意外とこれはどうか? と思うことがあ
ります。たとえば、贈与を受ける前に自己資金で買って、同年中
に贈与を受けたとか。これは順番が逆でだめですね。

また、自分で出した金額と住宅ローンで、大部分をまかなってし
まって、贈与を受けた金額を足すと、マイホームを買った金額以
上になってしまう場合も、住宅取得にあてた資金とは言えなくな
りますね。

●やはり次に多いのは、定番の自宅を売った場合の3,000万円控除
です。3,000万円を控除してくれますから、ほとんど譲渡所得は
出なくなることが多いですね。

ただ、相続でもらった物件や、過去に買換え特例などを適用し
た物件は、取得費が低いですから、3,000万円控除を使っても、
譲渡所得が出たりします。

また、今回の申告では、建物を取り壊した上で、2つに分けて
売却した例などもあります。この場合は、取壊したり売却した
りする順序を間違えると、3,000万円控除を受けられなくなりま
すから、税理士に相談しながら進めることが非常に大事ですね。

●不動産を譲渡した場合に、取得費、すなわちいくらで買ったのか
わからない場合が結構あります。

親が買ったものを相続した場合などは、親の買った取得費を引き
継ぎますので、契約書などが残っていないと、いくらで買ったか
わかりません。

このような時は、売却価格の5%を取得費にする、という規定が
ありますが、95%は売却益になってしまいますから、多額の税金
がかかることになります。

今年の申告でもありましたが、このような時に検討したいのが、
市街地価格指数による取得費の計算です。

いつ買ったががわかれば(登記簿謄本でわかります)、その頃の
価格は今と比べてどうだったか、の公表されている指数がありま
すから、それを使って計算するわけです。

国税不服審判所で合理的とされた裁決事例もありますので、これ
を使う妥当性もありますね。

●さらに、今年の確定申告でちょっと悲惨だったのが、保証債務の
履行に伴う譲渡です。

息子がたとえば事業で失敗してしまい、その事業で親の土地を担
保に借りていた借入金を返済するために、親がその土地を売って
弁済したというような場合です。

この場合、親は譲渡所得の申告をして多額の譲渡所得税を払わな
ければいけませんが、息子の借入金を返済してしまったのでお金
がありません。

息子は債務超過で事業を廃業し、親にお金を返すこともできません。

このような場合には、保証債務を履行するために資産を譲渡した
場合の特例があります。

これは、このような場合に息子から返してもらえなくなった金額
については、譲渡がなかったものとする、という特例です。

ただし、これは簡単に認めてくれるものではないですね。様々な
条件が揃って初めて認められるものですから、事実関係を把握す
ることが非常に重要になってきます。

●本当に資産税関係の申告は、様々な人間模様を見ることになりま
すね...この1カ月ちょっとでやるのは、本当にタイトです。

ということで、皆様も資産税がらみのご相談は、早めに、事前に
行っていただけるよう、是非お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
ビスを提供しています。

●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
●弊社主催のセミナーにご招待
●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
【東京メトロポリタン相続クラブ】
http://www.tm-tax.com/souzoku/

皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

確定申告、私はチェック専門でやっていますが、いつも忘れて
しまうのが自分の申告ですね(笑)。これを書きながら思い出し
たので、今週末にでも時間ができたらやろうかと思います…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-924-666

メールでのご相談はこちら