HOME > メルマガ 実践!相続税対策 > 子を飛び越えて孫に自宅を相続させたい

子を飛び越えて孫に自宅を相続させたい

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/10/24(第354号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

今日はちょっと長めになり、配信が遅くなってしまいましたの
で、早速本文に行きたいと思います。

では、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  子を飛び越えて孫に自宅を相続させたい
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●最近あった相談を、若干アレンジして書きたいと思います。

相談者は80歳前後のご婦人で、既に夫は他界し、渋谷区の一軒
家にひとりで住んでいます。

敷地は50坪くらいですが、路線価評価で8,000万円くらいになり
ます。財産は、その他に現預金が2,000万円くらいとのことです。

●将来の相続人は、子2人ですが、既に独立し、それぞれ自分の
持ち家に家族とともに住んでいます。

今回の相談は、相続の際は不動産が1つで、共有で相続させる
のもよくないし、

土地と現預金をそれぞれ一方に相続させても、バランスが合わ
ないので、いっそのこと、孫に自宅を相続させたいが、そうい
うことはできるでしょうか? ということでした。

●孫は、現在、関西の方の大学4年生で、来年就職が決まってい
るとのこと。現在は、大学の近くのアパートに入学以来住んで
いるということです。

●相談者の方は、その孫をとても可愛がっているようで、単純に
それ故に自宅をあげようと思っているようです。

ただ、それは相続税的にも、非常に良い方法ではないかな、と
思います。

●もし現状で子2人が相続すると、自宅敷地について小規模宅地
特例が受けられないので、かなりの相続税になります。

相続財産 自宅敷地8,000万円+現預金2,000万円=1億円
課税価格 1億円-基礎控除額4,200万円=5,800万円
1人当り 5,800万円÷2人=2,900万円
相続税額 (2,900万円×15%-50万円)×2人=770万円

となります。(自宅建物は評価が低いので考慮していません)

●子が相続すると、2人とも持ち家があるため、小規模宅地特例
を受けられないのです。

孫が自宅を相続(遺言を書いて遺贈する)した場合であっても、
要件を満たしていれば、小規模宅地特例を受けることができま
す。

小規模宅地特例は、相続人に限らず、親族であれば受けること
ができるのです。

●居住用の小規模宅地特例は、330m2まで80%評価減をすること
ができます。上記の自宅敷地8,000万円が、1,600万円になるの
です。

そうすると相続財産は、3,600万円となりますので、基礎控除額
を引くと、課税価格はゼロ、相続税もゼロ、ということになり
ます。

孫に遺言で相続させると、相続税は2割加算になるのですが、
そもそも相続税がゼロなので、2割加算も適用されません。

●孫は現状、家なき子に該当するため、小規模宅地特例を受ける
ことが可能になります。

家なき子として小規模宅地特例を受けるためには、いくつか条
件があります。

被相続人の配偶者および同居している親族がいないこと、被相
続人が亡くなる前3年間、自己または3親等内の親族が所有す
る家屋に住んでいないこと、などです。

●相談者は現在、1人で住んでいますし、孫は4年近くアパート
を借りて住んでいるということで、現状は上記の要件は満たし
ます。

来年社会人になって、東京に戻り親と同居すると、要件を満た
さなくなってしまいますが、社宅やアパート住まいであれば、
要件を満たします。

祖母と同居しても、今度は家なき子としてではなく、同居親族
として、小規模宅地特例を受けることができます。

●ただ、注意点は相続人である子の遺留分を侵害している、とい
うことです。

自宅敷地は、相続税評価は8,000万円ですが、時価は1億円とし
ます。現預金合わせて1.2億円の相続財産になります。

遺留分は、全体の1/2の6,000万円、相続人1人当たり3,000万円
ということになります。

現預金を半分ずつ相続人が相続したとして、1,000万円、遺留分
を侵害しているのは、1人あたり2,000万円ということになりま
す。

●相続人は、親と叔父ということですから、理解してくれていれば
問題ありませんが、親はともかく、叔父が文句を言う可能性はあ
りますね。

その点をしっかり、事前に対策をしておけば、孫に自宅を遺贈す
ることは、相続税対策上、非常に効果的な方法であると言えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
ビスを提供しています。

●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
●弊社主催のセミナーにご招待
●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
【東京メトロポリタン相続クラブ】
http://www.tm-tax.com/souzoku/

皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

現在、出身大学の税理士OBを集めた会を作っているのですが、
昨日は、同窓の他の士業の会の代表者を集めた士業の会を行い
ました。弁護士や社労士や不動産鑑定士など、それぞれに士業の
課題やしくみなどをお互いに出し合うのは、興味深いですね。
同じような悩み、まったく違う悩み、など話し合って、かつ同窓
ということもあり、大変盛り上がった会になりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-924-666

メールでのご相談はこちら