HOME > メルマガ 不動産 税金相談室 > 未分割での二次相続

未分割での二次相続

Q 父が亡くなって間もなく、母が亡くなってしまいました。
父の遺産分割を、母・私・妹の3人で進めようとしていた矢先だったため
現在も未分割の状況ですが、この場合、母の相続財産には父の相続財産を
含めて申告することとなるのでしょうか。

A 最初にお亡くなりになったお父様の相続を「一次相続」といい、お母様の
相続を「二次相続」といいます。

現状では、一次相続にかかる相続財産が未分割とのことですから一次相続
の申告手続きが進まないだけでなく、二次相続となるお母様の相続財産の
中に、お父様から相続される財産があるか否かも明らかではありません。

したがって、まずはお父様の相続財産に対する遺産分割が必要となります。

しかしながら、お父様の相続人であったお母様が既にお亡くなりになって
いますので、直接お母様に確認をして遺産分割をすることができません。

そこで、お子様(相続人)であるご質問者と妹様が、お母様より「一次相続
にかかる相続人の地位」を相続したものとして遺産分割の手続き行うこと
となります。

この場合、ご質問のお母様の相続財産については、一次相続にかかる遺産
分割の「時期」と「内容」により、次のように取扱われることとなります。

(1)二次相続の申告期限までに遺産分割が行われ、お母様が相続財産を
取得しないケース

⇒ 二次相続であるお母様の相続財産には、お父様の相続財産を
含める必要はありません。

(2)二次相続の申告期限までに遺産分割が行われ、お母様が相続財産を
取得することとしたケース

⇒ 一次相続にかかる遺産分割により、お母様が取得された相続
財産を、二次相続となるお母様の相続財産に加算する必要が
あります。

(3)二次相続の申告期限までに遺産分割が行われていない場合

⇒ 一次相続にかかる未分割の相続財産のうちお母様の法定相続分
である2分の1をお母様の相続財産に加算する必要があります。

また、相続税の主な特例としては「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地の
特例」そして「相次相続控除(今回のように相次いで相続が生じた場合の
控除)」などがあります。

特に小規模宅地の特例は、どなたが相続するかにより、要件を満たすこと
ができない場合もありますので注意が必要です。

一次相続での相続税申告だけでなく、既に発生している二次相続の申告を
考慮して、遺産分割を進めていただけると良いでしょう。
≪担当:樋口≫
**********************************************************************
※ 本文で紹介させていただいた内容は、概略となります。
詳細につきましては、税務署または税理士等の専門家にご確認ください。
**********************************************************************

掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認ください。

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-924-666

メールでのご相談はこちら