HOME > メルマガ 実践!相続税対策 > 家族信託とは?なぜ今注目される?

家族信託とは?なぜ今注目される?

━━━━━ 2019/05/15(第386号)━━

■実践!相続税対策

 知っているといないでは大違い!
 基本を理解し時間をかけて対策しよう

 by 東京メトロポリタン税理士法人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『家族信託とは?なぜ今注目される?』

●おはようございます。税理士の北岡修一です。

昨今、家族信託という言葉をよく聞くと思います。
信託というと、信託銀行などが扱っている商品を、思い浮かべる方
が多いかと思います。

これらは、いわゆる商事信託と呼ばれるものです。

●それに対して家族信託は、信頼できる家族間で行う信託で、民事
信託の一種です。

近年の法改正により活用範囲が広がってきました。

家族信託は、簡単に言えば、財産管理のための1つの手法です。

●たとえば、賃貸不動産を持っている親(委託者)が、特定の目的
のために、子(受託者)に不動産を信託し、その管理処分を子に任せ、
親がその果実を受け取る(受益者)ようなしくみです。

●信託会社に財産を信託すると、当然、お金がかかりますが、家族
内であれば報酬は不要です。

また、信託により財産の所有権を移転しても、贈与税や譲渡所得税、
あるいは不動産取得税もかかりません。

●将来、介護が必要になったり、認知症になったりしても、家族が
財産を管理処分できますので、その点も安心です。

なお、信託財産は不動産だけでなく、現金なども対象とすることが
できます。

子に現金を信託しておくことによって、将来判断ができなくなって
も、必要な資金は子の判断で使うことができます。

●従来、認知症対策のためには、成年後見制度を活用することが多
かったと思います。

ただ、成年後見人の任務は、被後見人の財産を守る、減らさないこ
とですから、相続対策等のために資産の組み替えや建て替えをした
り、処分したりすることは、基本的に行うことができません。

●その点、家族信託を使えば、思い通りに積極的な財産管理を行っ
ていくことが可能になります。

なお、家族信託には「遺言」の機能もあり、亡くなった後の財産の
承継者を、契約書の中で指定することができます。

さらに、次の二次相続以降についても、資産の承継者を指定するこ
ともできます。

いろいろと活用方法が考えられますね。

●以上のような家族信託について、東京メトロポリタン相続クラブ
では、下記セミナーを開催することになりました。

相続クラブ以外の方も、参加可能ですので、参加希望の方は早めに
下記サイトからお申込みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】

今日は家族信託の紹介をしましたが、実際に活用されている例は、
まだまだ少ないようですね。新しい分野ですので、これを取り扱っ
ている専門家が少ない、というのも理由の1つかも知れません。

その中で上記セミナー講師の坂野先生は、数多くの事例を取り扱っ
ていますので、様々な状況に応じたご相談なども可能かと思います。
ご関心ある方は、是非、ご参加ください。

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら