HOME > 新着情報 > 自宅の一部を賃貸していた場合の空き家の3,000万円控除

自宅の一部を賃貸していた場合の空き家の3,000万円控除

2016.06.24 | 新着情報

Q 今年父が亡くなり、父の住んでいた自宅はその後、住む人がなく空き家
 となりました。平成28年の税制改正で、相続で空き家となった土地建物を
 譲渡した場合には、3,000万円控除ができると聞きました。

 これを適用したいと思いますが、実は父の自宅の2階部分を他の人に賃貸
 していました。相続後、売却予定であることもあり、退去していただきま
 したが、このようなケースでも3,000万円控除の適用を受けることができる
 のでしょうか?

A 空き家に係る譲渡所得の3,000万円特別控除は、平成28年4月1日からの
 譲渡に適用できることになりました。

 ただし、この特例には様々な要件があります。この要件については、平成
 28年1月8日のQ&Aで書いております。下記サイトに載っていますので、
 まずはご参照ください。
 → http://www.tm-tax.com/mailmag/fudosan160108/

 この中の要件の1つに、相続開始の直前において、被相続人以外に居住し
 ていた者がいなかったこと、というものがあります。

 すなわち、お父様が亡くなった時に、その家に住んでいたのは、お父様ひ
 とりだけだった、ということが要件になっています。

 これを読むと、家族が同居していない、独り暮らしだったことが要件なの
 かと思います。ところが、それだけではないのです。
 
 2階を賃貸しているのであれば、そこに住んでいる人がいれば、お父様以
 外に住んでいた人がいることになり、これも上記の要件に引っかかってし
 まいます。

 したがって、お父様が亡くなった時に、2階に住んでいる人がいるのであ
 れば、3,000万円控除の適用は受けられない、ということになります。

 なお、2階の賃貸部分が、お父様が亡くなった時に、たまたま誰も借りて
 いる人がいなかった場合は、要件を満たすことになりますので、3,000万円
 控除を受けることができます。

 ただし、この場合において3,000万円控除の対象になるのは、1階のお父様
 の居住部分に限られますので、フルに控除を受けることはできません。

 この特例は非常に厄介な要件が多いですので、よく注意しておく必要があり
 ますね。

                           《担当:北岡》

※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。
*********************************************************************
掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認下さい。

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら