HOME > 新着情報 > 相続発生前3年内の贈与

相続発生前3年内の贈与

2016.12.07 | 新着情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/12/07(第259号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

 12月に入りました。今年も残り少なくなりましたが、年内にや
 っておくべきことはないか、今一度見直してみてはいかがでし
 ょうか?

 その1つが、本日も取り上げている「贈与」です。
 贈与は暦年単位で、非課税枠1人あたり110万円があります。

 今年分の110万円は、12月末で消えてしまいますので、相続税
 対策などで贈与を検討されている方、今年はまだやっていない
 のであれば、この12月中に決めて、実行しておく必要がありま
 す。

 もう一度検討してみましょう。本日のメルマガも参考にしてい
 ただければと思います。

 ということで、本日の「実践!相続税対策」よろしくお願いい
 たします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  相続発生前3年内の贈与
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●相続税対策のために、生前贈与を行い、相続財産を減らしてい
 く、というのは大変オーソドックスな対策です。

 そのため、毎年贈与を行っている方も多いかと思います。

 暦年単位で110万円までの贈与であれば、贈与税はかからない、
 それをオーバーしても、200万円までは税率10%で済みます。

 したがって、310万円の贈与であれば、税金は20万円となり、
 実効税率は、6.5%です。

 財産の多い方は、このくらいまでの贈与であれば、相続税より
 も税率は低くなります。もっと多くしても低くなる方もいるで
 しょう。

●ただし、注意しなければならないことがあります。

 それは、相続が発生する以前3年内に行われた贈与は、贈与し
 たにもかかわらず、計算上、相続財産に加算して、相続税を計
 算しなければなりません。

 亡くなる以前3年内に贈与した財産には、相続税がかかる、と
 いうことです。

 もちろん、支払っている贈与税があれば、それは相続税から差
 し引くことができます。

●これは、亡くなる直前に、贈与をすることによって、不当に相
 続税を減らそう、ということを防止するための制度です。

 ご存知の方も多いかと思います。

 したがって、高齢だったり病気でいつ亡くなるかわからない、
 という時には、毎年贈与しても相続税対策にならない、という
 ことで、この対策はあきらめている方が多いのではないでしょ
 うか。

●ただし、この3年内贈与の加算は、相続で財産をもらった人に
 限って適用される制度なのです。

 したがって、相続で財産をもらわない人には、この規定は適用
 されません。

 相続人である配偶者や子が、3年内に財産を贈与されていれば
 その財産は、相続で取得した財産に加算されて、相続税が計算
 されます。

 しかし、孫やひ孫、子の配偶者などに、3年内に贈与していた
 としても相続税がかかることはないのです。

●これは意外と知らない方が多いです。

 3年内の贈与はダメ、と知っていても、適用されない人もいる、
 だから高齢であっても、生前贈与対策は可能なのです。

 相続人でない人への贈与、それも考慮して年内の贈与を考えて
 みてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
   http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
 相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
 相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。
 
 当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
 ビスを提供しています。

 ●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
 ●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
 ●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
 ●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
 ●弊社主催のセミナーにご招待
 ●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
 ●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。
  【東京メトロポリタン相続クラブ】
   ⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

 皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 今年は私も妻も父を亡くし、普段仕事でやっている相続とはまた
 別の、実際にはこんなこともある、あんなこともあるということ
 を体験しました。やはり当事者になってみると、税金以外にもい
 ろんなことが起こってきます。何といっても兄弟間の問題が一番
 でしたね。両家族とも(笑)。
 ということで、これからはますます実態に即したアドバイスがで
 きると思いますので、何でもご相談くださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら