HOME > 新着情報 > 親の自宅が相続後空き家になりそうな場合

親の自宅が相続後空き家になりそうな場合

2017.05.24 | 新着情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/05/24(第283号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。
 
 今週末(5/27土曜日)は、相続税対策セミナーをやります。
 六本木ヒルズで、13:30からやりますので、六本木・麻布十番
 あたりに遊びに来がてら、お気軽にいらしていただければと
 思います。

 詳しくは下の方、あるいは下記サイトをご覧ください。
 ⇒ http://www.hng.ne.jp/seminar/view/604

 
 本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  親の自宅が相続後空き家になりそうな場合
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●親が自宅に1人で住んでいる場合で、将来、親の相続後には空
 き家になってしまうことが見込まれている時は、いろいろ考え
 ておいた方がいいですね。

 その土地建物は誰が相続するのか、相続した後どうするのか、
 ということです。

●まずは、相続税における自宅土地の評価の問題です。

 配偶者もいなく、同居している人もいない場合は、自宅(居住
 用)の小規模宅地等の評価減が、使えない可能性が高いのです。

 100坪まで80%の評価減ができるかどうかですから、大きいで
 すね。

●唯一評価減が使えるケースは、マイホームを持っていない相続
 人が相続することです。

 俗に「家なき子」と言われていますが、具体的には相続開始前
 3年間、自己または自己の配偶者の持ち家に住んでいない相続
 人のことを言います。

 借家住まいや、社宅、親の所有する物件に無償で住んでいる場
 合などが、これに該当します。

●したがって、子が皆マイホームを持っている場合には、ちょっ
 と考えておいた方がいいですね。

 誰かが家なき子になって、親の自宅を相続することを考えてみ
 てはいかがでしょうか?

●家なき子になるためには、マイホームを賃貸するか、売却する
 かなどをして、賃貸物件などに引っ越すことです。

 そんなことまでして...などと思うかも知れませんが、何し
 ろ土地の評価が80%も減額されるのですから、相続税は相当減
 るかも知れません。

 相続前3年間ですから…できるだけ早くやることに越したこと
 はありませんね。

●また、相続後に売却しようと考えているのでしたら、昨年から
 創設された「空き家の3,000万円控除」も考えておくことです。

 相続後、3年内に空き家となった親の自宅を売却した場合は、
 譲渡益から3,000万円を控除できる、という特例です。

 昔からの土地ですと、取得価額がわかりませんので、譲渡益が
 相当出る可能性があります。

●この場合には、先ほどの家なき子による小規模宅地等の評価減
 を受けた上で、さらに3,000万円控除を受けることも可能です。

 家なき子特例は、相続税の申告期限まで、親の自宅を所有して
 いることが条件で、住む必要はないのです。

 したがって、相続税の申告期限を過ぎてから売却すれば、3,000
 万円控除が可能になってきます。

●もう1つ考えておきたいのは、この3,000万円控除は、2人で相
 続すれば6,000万円まで、3人で相続すれば9,000万円まで控除で
 きる、ということです。

 ただし、譲渡価額は1億円以下という条件がありますので、限度
 はあります。

●したがって、売却する予定であれば、複数の相続人で共有で相続
 することも考えられますね。

 ただし、家なき子以外は小規模宅地等の評価減の適用が受けられ
 ないので、その点は注意しなければなりません。

●最後に、空き家の3,000万円控除には、様々な条件がついていま
 すので、それを列挙しておきます。

1.相続開始の直前において、被相続人の居住の用に供されていたものであ
  ること 
2.相続開始の直前において、同居人がいなかったこと 
3.昭和56年5月31日以前に建築された家屋であること 
4.区分所有建物登記がされている建物でないこと
5.相続の時から譲渡の時まで、事業の用、貸付の用または居住の用に供さ
  れていたことがないこと
6.譲渡価額が1億円以下であること
7.相続開始があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに
  譲渡すること 
8.家屋を譲渡する場合、現行の耐震基準に適合したリフォームをすること
9.耐震リフォームをしない場合、建物を取り壊し更地として譲渡すること
10.親子や夫婦など特別の関係がある人に対して売ったものでないこと 等々

━━【北岡セミナー、今週末です!】━━━━━━━━━━━━━

■税理士が教える!所有不動産の相続(争族)対策!
   http://www.hng.ne.jp/seminar/view/604
──────────────────────────────

 相続税対策の8割は不動産に関することです。
 税金の問題、分割の問題、共有の問題、納税資金の問題・・・
 不動産に関しては、様々な問題がありますね。

 そんな不動産に関する相続対策をお話しするセミナーを、
 六本木ヒルズで行います。
 
 参加費は無料ですので、是非、本メルマガの読者の皆様、
 東京メトロポリタン相続クラブの皆様のご参加をお待ちして
 おります。

 詳細およびお申し込みは、下記サイトから
  → http://www.hng.ne.jp/seminar/view/604

 ●日時:平成29年5月27日(土)
      受付開始/13:15
      セミナー/13:30~15:00
      個別相談/15:00~
 ●会場:六本木アカデミーヒルズ49階
      港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階
      日比谷線「六本木」駅1C出口より徒歩3分
      大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩6分
 ●参加費:無料

 主催/ネクスト・アイズ株式会社
 協力/東京メトロポリタン税理士法人

━━【もう1つ、セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━

■「事業承継&自社株対策」セミナー
   講師:税理士 北岡 修一
   http://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────────────────

 平成29年度税制改正により、本年度から自社株評価が変わって
 います。
 場合によっては、皆様の会社の「株価」も大きく変わるかも知れ
 ません。さらには、事業承継税制も使いやすくなってきました。

 そこで、自社株に関するあらゆる悩みをお持ちの方を対象に、
 事業承継&自社株対策セミナーを、4月に引き続き開催すること
 にしました。

 4月セミナーにても、大変わかりやすかった、とご好評をいただ
 きましたので、是非、4月に来れなかった皆様にもいらしていた
 だければと思います。

 詳しくは、下記の弊社サイトをご覧ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/

 ●日時:平成29年6月8日(木)
      受付開始/14:00
      セミナー/14:30~16:30
      個別相談/16:00~ または当日予約受付
 ●会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2Fローズルーム
      丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
      http://www.hotel-rosegarden.jp/access/
 ●参加費:3,000円(東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
   http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
 相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
 相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

 当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
 ビスを提供しています。

 ●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
 ●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
 ●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
 ●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
 ●弊社主催のセミナーにご招待
 ●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
 ●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。
  【東京メトロポリタン相続クラブ】
   ⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

 皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 最近は、メルマガ、セミナー、コラム、雑誌原稿が目白押しで、
 頭が混乱しそうな感じです(笑)。これに3月決算が・・・
 というところですが、皆が頑張ってくれているので、こちらの
 方は負担が軽くなって助かってますね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら