HOME > 新着情報 > 二世帯住宅で住宅取得等資金贈与を使う場合

二世帯住宅で住宅取得等資金贈与を使う場合

2017.05.31 | 新着情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/05/31(第284号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。
 
 先週は、相続税対策セミナーを行いました。
 東京メトロポリタン相続クラブの皆さまも何名かご参加いただ
 き、ありがとうございます。

 今回は不動産を中心にした相続税対策でしたが、本日のテーマ
 である二世帯住宅や、住宅取得等資金贈与の話などを詳しくし
 たため、後半が駆け足になってしまいました。

 何回もやっているセミナーですが、今回は、そこに力が入り過
 ぎて、時間配分間違えてしまったなと、反省しております。

 また、今後もセミナーご案内していきますので、是非、一度
 皆さまに来ていただければ幸いです。

 
 本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  二世帯住宅で住宅取得等資金贈与を使う場合
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●二世帯住宅については、2014年より完全分離型の住宅であって
 も、その敷地全体が親の居住用宅地等として、小規模宅地等の
 特例(80%評価減)を適用できるようになっています。

 完全分離型とは、たとえば1Fに親が住み、2Fに子世帯が住んで
 いる場合で、内階段等がなく、1Fと2Fが行き来できないような、
 完全に分離されている住宅です。

●ただし、上記のような場合、1F・2Fを区分所有登記をした場合
 には、子世帯の建物に対応する敷地は、小規模宅地等の特例を
 受けられなくなってしまいます。

 場合によっては、親が居住する部分の敷地も、受けられなくな
 ります。

●このようなことがないよう、二世帯住宅を建てる場合は、区分
 所有登記をせず、どちらかの単独所有か、共有で登記するよう
 に、お奨めしています。

 
●この場合において、親から子に住宅取得等資金贈与の特例を使
 って、建築資金を贈与することもよく行われます。

 それにより、親の財産を一定金額まで無税で移せますので、相
 続税対策になるわけです。

●ただし、その際注意することがあります。

 住宅取得等資金贈与の適用要件に、床面積の1/2以上を自己の
 居住の用に供する、というのがあります。

 この場合の1/2というのは、共有登記した場合には、1F・2F合
 わせた家屋全体の1/2ということになります。

●したがって、子世帯が住む2Fの床面積が、建物の1/2以上であ
 るかということが、問題となってきます。
 その点、注意しておかなければなりません。

 また、家屋の床面積が50m2以上、240m2以下という要件もあり
 ますが、共有登記の場合はこれも家屋全体で判断します。

 1F、2F合わせて240m2を超えていないかどうか、これも要注意
 です。

━━【セミナーのご案内・来週です】━━━━━━━━━━━━━

■「事業承継&自社株対策」セミナー
   講師:税理士 北岡 修一
   http://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────────────────

 平成29年度税制改正により、本年度から自社株評価が変わって
 います。
 場合によっては、皆様の会社の「株価」も大きく変わるかも知れ
 ません。さらには、事業承継税制も使いやすくなってきました。

 そこで、自社株に関するあらゆる悩みをお持ちの方を対象に、
 事業承継&自社株対策セミナーを、4月に引き続き開催すること
 にしました。

 4月セミナーにても、大変わかりやすかった、とご好評をいただ
 きましたので、是非、4月に来れなかった皆様にもいらしていた
 だければと思います。

 詳しくは、下記の弊社サイトをご覧ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/

 ●日時:平成29年6月8日(木)
      受付開始/14:00
      セミナー/14:30~16:30
      個別相談/16:00~ または当日予約受付
 ●会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2Fローズルーム
      丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
      http://www.hotel-rosegarden.jp/access/
 ●参加費:3,000円(東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
   http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
 相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
 相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。

 当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
 ビスを提供しています。

 ●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
 ●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
 ●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
 ●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
 ●弊社主催のセミナーにご招待
 ●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
 ●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。
  【東京メトロポリタン相続クラブ】
   ⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

 皆様のお申し込みを、お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 前段に書きましたセミナー後は、毎回必ず無料相談会をやります。
 相続対策などのセミナーは、一方的に聞くだけでは、何となくわ
 かった程度に過ぎません。

 やはり、セミナーの内容を、自分や家族に当てはめて、どういう
 問題があるのか、どう使えるのかを、考えて欲しいと思います。
 そのためにも、是非、疑問に思った点があればすぐにご相談して
 欲しいですね。

 実は無料相談会は、私たちにとっても非常に有用です。理論や法
 律だけでなく、様々な実例を通して私たちの知識・知恵も深まる
 からです。その意味でセミナーをやりながら、こちらも勉強させ
 てもらうという、一挙両得のイベントなんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

電話でのお問い合わせは0120-924-666

メールでのご相談はこちら